円高・円安とは?

円高とは、例えば、1ドル=100円が、1ドル=90円に下がること、すなわち円の価値が上がり、ドルの価値が下がることで、ドル安ということになります。

単純に100円から90円になったのだから、円が安くなったと勘違いしがちですが、そうではありません。

例えば、ある外国の品物が500ドルだったとしましょう。1ドル=100円の場合、5000円で買えますが、1ドル=90円の場合、4000円で買えることになります。同じ品物を安く買えるということは、品物の自体の価値が変わらないわけですから、それだけ円の価値が上がっているということになるのです。

円の価値が上がることを、「円が強くなる」「円が高くなる」ともいいます。

逆に円安とは、1ドル=100円が、1ドル=110円に上がること、すなわち円の価値が下がり、ドルの価値が上がることで、ドル高ということになります。






>> TOPへ戻る