外国為替相場とは?

異なる通貨を交換する際の交換比率を外国為替相場(レート)といいます。

外国為替相場(レート)には、さまざまな種類があります。

個人が銀行に行って、トラベラーズ・チェックを発行してもらうレート、現金に交換してもらうレート、銀行間で取引しているレート、などです。その中で、基本は銀行間で取引しているレートと考えてよいでしょう。

レートの建て方、表示方法は2通りあります。

邦貨(自国通貨)建て

外貨を自国の通貨で表示する方法です。1ドル=○○円と表示します。


外貨(外国通貨)建て

自国の通貨が外貨でいくらかを表示する方法です。1円=○○ドル表示します。

日本では邦貨(自国通貨)建ての方法をとっていますが、諸外国では外貨(外国通貨)建てで表示されているところもあります。






>> TOPへ戻る