外国為替市場とは

外国為替市場とは、基本的に取り引きを行う場所は存在しません。

電話・通信ネットワークを通して取引されています。

外国の中には外国為替を取引している取引所が一部存在しますが、形式的なものにすぎません。

外国為替の取り引きのほとんどは、コンピューターがメインの通信機器を通して行われています。

外国為替市場とは、銀行や投資家が、コンピューター端末や電話を用いて、お互いに外国為替取引を行うネットワーク全体のことを意味します。

銀行間同士での取引が多いことから、インターバンク市場と呼ばれています。

コンピュータなどでつながったバーチャルな市場ともいえるでしょう。

世界の外国為替市場の中で、ニューヨーク、ロンドン、東京が3大市場といわれています。

その他には、シカゴ、トロント、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ロサンゼルス、パリ、シドニー、ウエリントン、シンガポール、香港、バーレーン、フランクフルト、などの市場があります。






>> TOPへ戻る