インターバンク市場と対顧客市場とは

外国為替市場には、インターバンク市場対顧客市場の2タイプの取引形態があります。

インターバンク市場では、銀行などの金融機関での取引が行われています。
この市場に参加できるのは銀行だけで、輸出入業者や個人は参加することはできません。

ここでの為替レートが、為替の卸値になります。

対顧客市場では、輸出入業者や機関投資家、個人投資家は、銀行との間で外国為替取引が行われます。

対顧客市場は、日本の銀行では朝10時に卸値(仲値といいます)に、1ドルにつき1円ほど利益を上乗せした為替レートが、個人に売られています。
こレらのレートのことをTTBやTTSといいます。これに手数料を加えて取引されているのです。

FXでは、スプレッドがあるものの、インターバンク市場で取引されているレートを、リアルタイムで売買できます。


TTS (てぃてぃえす)
Telegraphic Transfer Selling Rate(対顧客電信売相場)の略。
銀行で外貨預金を行う場合に使う「顧客の外貨買いレート」です。

TTB (てぃてぃびぃ)
Telegraphic Transfer Buying Rate(対顧客電信買相場)の略。

銀行で外貨預金を解約する場合に使う「顧客の外貨売りレート」です。は

スプレッド  買値と売値の価格差のこと。






>> TOPへ戻る