対顧客相場の決まり方

対顧客相場は、銀行間相場を基準に決定されます。

銀行間相場は、常に変動していて、このままの状態では、対顧客相場への適用が難しくなります。

そこで、対顧客取引をしやすくするために、銀行間相場から仲値を設定します。

仲値は、午前10時の銀行間直物相場を基準に設定されています。

公表した仲値は、通常その日の間は、動きません。(ただし、いったん決めた仲値から1円以上動いた場合は、大口顧客に対して、それまでの対顧客相場の適用をやめ、市場に連動した個別の相場が新たに提示されます。)

対顧客相場を小売価格、銀行間相場を卸売価格というふうに理解すればわかりやすいかもしれません。






>> TOPへ戻る