FXのリスクその1 為替変動によるリスク

FXでは、為替の変動によって、為替差益を得られる可能性もありますが、リスク(損失)を受ける可能性もあります。

ただし、これは、FX(外国為替証拠金取引)特有のリスクということではなく、外貨を扱う金融商品すべてに、かかるリスクです。

FXの場合は、証拠金(保証金)取引となっているため、利益も大きい代わりにリスクも大きくなっています。

例えば、

1ドル=100円のときに10万円を証拠金(保証金)をもとに、1万ドル(100万円分)を買い入れたとしましょう。

決済時のレートが  1ドル=99円に下がってしまった場合、

決済時のドルの価値 は、1万ドル×99=99万円となり

元の証拠金(保証金)が100万円ですから

100−99=1

すなわち

1万円分損をしたことになり、証拠金も9万円に減ってしまいます。

ドルが、たった1円下がっただけで、証拠金の10%もの損失がでてしまうのです。

もちろん、逆にドルが1円上がっただけで、証拠金の10%もの利益が得られるます。

このようにFXでは、小さな投資額で大きな利益も得られるかわりに、負けたときの損失も大きくなってしまうわけです。

今度は、レバレッジの割合を変えてみましょう。

1ドル=100円の時に、10万円の証拠金(保証金)をもとに、保証金)を基に、やはり5000ドル(50万円分)を買い入れたとしましょう。

決済時のレートが  1ドル=99円に下がってしまった場合、

決済時のドルの価値 は、5000ドル×99=49万5千円となり 元の証拠金(保証金)が10万円ですから

5千円、すなわち5%の損失ですみます。

このように同じ証拠金(保証金)でも、レバレッジの割合を変えるだけで、このように違ってくるのです。 もちろんレバレッジの割合は、少なければ少ないほど、損失も抑えられます。(その代わりに利益も少なくなります^^;)

あらかじめ自分に合ったリスク(このくらいまでなら損を出してもかまわないという金額)を頭に入れて、レバレッジを上手にコントロールしてさえいれば、予想外の多大なリスクがかかってしまうという心配は、ありません。






>> TOPへ戻る