キャピタルゲインとは?

外国為替証拠金取引(FX)で利益を得る方法は、2タイプあります。

為替差益スワップポイントです。

為替差益で利益を得る方法を「キャピタルゲイン」、スワップポイントで利益を得る方法を「インカムゲイン」といいます。

ここでは、キャピタルゲインについてご説明します。

ずばり、キャピタルゲインとは「安く買って高く売る」取引のことです。

仮に、1ドル=100円の時に、1万ドル=100万円購入したとしましょう。

1ドル=120円になった時に、1万ドル=120万円になれば、元の値段より20万円高く売れることになりますので、20万円の利益が出ます。

逆に1ドル=90円になってしまった場合、1万ドル=90万円を売れば、元より10万円安い値で売ることになりますので、10万円損してしまいます。

FXの場合は、逆に「高く売って安く買う」という取引もできます。

1ドル=120円で1万ドル(120万円)売った場合

1ドル=100円になった時に、1万ドル(110万円)分を買い直せば

20万円の利益が出ます。

このようにFXは、「売り」から入る取引も可能ですので、ドル安(円高)になってもドル高(円安)になっても利益を出すことができるのです。

円が安くなる(ドルが高くなる)と予想した場合は、ドルを買う。

円が高くなる(ドルが安くなる)と予想した場合は、ドルを売る。

ということさえ理解していれば大丈夫です。

実際の取引は、

通貨を決める。

「買う」か「売る」かどっちかに決める

の二つだけです^^。






>> TOPへ戻る