逆指値注文(ストップロスオーダー)とは?

利益を得るチャンスを逃さないためにあらかじめ行う注文方法が「指値注文」であるのに対し、リスクを減らすためにあらかじめ行う注文方法を、逆指値注文、英語でストップロスオーダ(損切り注文)といいます。

指定した値段を超えたら「買い」の、下回れば「売り」の注文をそれぞれ出すことです。

損失をいかに最小限に抑えるか、ということが、FXでは、が最も大切なことなのです。

常に予想が当たり、勝ち続けるということは、不可能ですが、

予想が外れて負けた場合でも、それまでの利益を上回らなければ、トータルで利益を上げることができるのです。損失を小さく抑え続けてさえいれば、FXでは、必ず儲けることができるといえるでしょう。






>> TOPへ戻る