スリッページとは?

指値(リミット)注文 や逆指値注文(ストップロスオーダー)を入れている場合に、指定していた価格と違う価格で成約されてしまうことがあります。これがスリッページです。

スリッページは、相場(レート)が大きく変動した場合(市場が荒れた場合)などに起こるもので、ストップロスオーダーをかけた時には、既に相場はさらに下がってしまっていて、 指定した価格より下がった価格で取引がされてしまうことになります。

このスリッページは、ストップロスオーダーの際によく起こりやすいと言われています。また、週明けや取引時間外を過ぎてレートが大きく変動した場合なども起こります。

スリッページは、どのFX取引業者でも、いたしかたなく起こりえるものですが、あまりにも不利なスリッページが頻繁に起こるような場合、取引業者を見直した方が賢明かもしれません。




>> TOPへ戻る