FX取引業者 選び方のポイントその1  悪徳業者にひっかからないために

FX(外国為替証拠金取引)の業界に、実に200以上もの取引業者(会社)がひしめき合っているのが現状です。

特に初心者のかたは、いったいどこの業者(会社)を選べばいいのか迷ってしまわれることと思います。

FXの取引業者選びは、投資の方法(例えば、為替差益重視か、スワップポイント重視かなど)によって、選択基準が異なってきます。 

かつて、外国為替証拠金取引(FX)業界にも、悪徳業者が横行していた時代がありました。特に何も知らないお年寄りたちに儲け話をもちかけて、証拠金(保証金)をだましとり、そのまま持ち逃げするような事件が多発して、社会問題にまで発展しました。(その時のことが影響して未だにFXに対して悪いイメージを持ち続けている人も多いようです)

しかし、2005年に金融先物(商品)取引法が改正され、 外国為替証拠金取引 (FX)業者も規制されるようになり、外国為替証拠金取引(FX)業界も、悪徳業者はどんどん淘汰されていきました。ですから現在は、そのような規制をくぐりぬけて生き残っている業者が大多数を占めています。

とはいえ、やはり悪徳業者にひっかかってしまう可能性が全くないとは言い切れません。

そこで、そのような悪徳業者にひっかからないためにも、しっかり把握しておかなければならないのが、金融先物取引法なのです。

金融先物取引法は、金融庁が2005年7月に「金融商品取引法」が改正されたものです。

その具体的な内容は、以下のようなものです。

☆金融先物取引業者としての国への法登録が必要 である。

☆広告では、リスクについても明らかにしなくてはならない。(「必ず儲かる」などというような表現は禁止) ☆電話での勧誘や訪問をしてはいけない。

☆適切な自己資本比率の維持(財務の健全性を確保)しなければならない。

☆顧客から預かり受けた資金について、会社の資産と区分して分別管理すること。

などなどです。 上記の規定に反している業者は、全て悪徳業者と思って間違いありません。




>> TOPへ戻る