FX取引業者 選び方のポイントその8 スプレッド

FX(外国為替証拠金取引)にかかる費用は、手数料のほかにスプレッドがあります。

スプレッドとは、 買いを入れる時の為替レートと売りを入れる時の為替レートの差額のことです

例えば、「買い」レートが1ドル=110.45円だった場合、「売り」のレートは、1ドル=110.37円になっていたりします。

このスプレッドが大きいFX取引業者の場合、いくら手数料が安くても、トータルとして、多くの費用がかかってしまっていることもありますので、FX取引業者を選ぶ場合にも注意が必要です。






>> TOPへ戻る