経済情報に敏感になりましょう!!

FXでは、常に値動きのある通貨に投資するため、様々な情報に目を向けておくことが大切です。

特に短期間の取引きをする場合は、なおさらです。。

例えば米国ドルの場合、米国の経済指標金融政策などを参考にすればよいでしょう。。

経済指標は、貿易収支、雇用統計、小売売上高、GDP(国民総生産)、住宅着工件数、生産者物価指数、新規失業保険受給者数などです。。

これらの経済指標が良い数字になると予想された場合、ドルは買われやすくなりますし、逆に悪い数字になると予想された場合、ドルは、売られやすくなります。。

金融政策は、FOMC(連邦公開市場委員会)の会合で決定されますので、それらの議事録なども把握しておくとよいでしょう。
議事録の内容は、コメントから「利下げか利上げか据え置きか」などの翌月の議会の方向性を予測することが可能なので、重要視すべきでしょう。

これらの情報は、FX取引業者の運営サイトなどを通じて入手することが可能です。






>> TOPへ戻る