外貨預金とFXはどう違うのか

時々同様の金融商品といわれている外貨預金とFXはどう違うのかと多くの人が疑問に感じます。
どう違うのかというと、FXは外貨預金のような中長期的な運用方法ができますが、
外貨預金は外貨預金としてしか運用できません。
しかし外貨預金だからこそ、運用できる方法であるといわれています。
では具体的に外貨預金とはどう違うのか、調べました。

・外貨預金
銀行の営業時間でだけ取引されており、為替手数料は平均片道1円以上かかってしまいます。
取引が銀行の営業時間内であることも残念な点で、外貨預金がなかなか一般的に広まりづらい原因といえるかもしれません。
一般的な銀行の預金と一緒で、定期預金は満期があります。
海外の銀行口座と直接取引きするときは、言葉の壁があります。

・FX
証券会社・FX専業者など多種多様な金融機関で取引されています。
いつでも売り・買いの注文ができるので、土日を除く24時間好きな時間に注文できるうえに、
手数料が業者により異なるが、2銭〜10銭程度というのも魅力です。
ちなみに1日に複数回、ある一定の取引を行うと手数料がその日は無料になるサービスを行っている証券会社もあります。

安定した満期という取引を取るか、リスクがあるけど自分でしっかり稼げる取引を取るか、それは自分次第になります。




>> TOPへ戻る